株式会社RJCは客先常駐というスタイルで働くことになるので、自社の方と交流できないなど不安を抱えている方もいるでしょう。実際には交流できないということもなく、帰社日などの機会を利用して横のつながりを強化できます。ほかにも携帯電話の支給などがあるため、客先でも安心して働けます。またスキルアップを目指したい方は、資格を取得すると報奨金がもらえる制度や図書の貸し出しを利用するのも1つの手です。

帰社日で社員と交流しよう!

株式会社RJCでは客先常駐というスタイルで働くという特徴があげられます。参加しているプロジェクトのあるオフィスに常駐して働くことになるため、所属している本社に行って働くわけではないのです。このような環境のため、自社の社員と交流するチャンスが少ないと不安に思う方もいるでしょう。実際には交流の機会がないわけではなく、横のつながりを作っていくチャンスも存在しています。

横のつながりを作っていくチャンスの1つが、月に1度の帰社日です。この帰社日では、月に1回グループ単位で本社に集まってコミュニケーションの場とすることが可能です。業務連絡のような内容だけではなく、グループごとにさまざまな内容を行っているというのも特徴の1つです。

実際の帰社日では、コミュニケーションの場にするだけではなくスキルアップのための活動とするケースも見られます。この機会に上司が部下の悩みを聞いたり、アドバイスを行うということもあります。

社員同士の交流の機会を知ろう!

株式会社RJCでは、帰社日以外にも自社の人間が集まる機会がいくつか設けられています。その1つが全体集会で、これは会社の重要な決定事項があったときや直接説明が必要なとき、さらには年末調整などを行う必要があるときに開催されます。

また年に数回の頻度で、前者での食事会を開催しています。食事会という場だと、普段は仕事の話が中心の相手ともコミュニケーションがとりやすくなります。普段は顔を合わせることがないメンバーと話すチャンスでもあるので、横のつながりを作っていくようにしましょう。横のつながりができることで、困ったことがあったときの相談相手を増やせます。

ほかにも会社ではなく働く側が主催するイベントが開かれるケースも見られます。会社組織とは独立して運営を行っていて、忘年会やボウリング大会、さらにはバーベキューなどのイベントが開催されます。普段とは異なる環境で触れ合うことで、お互いのことを理解して横のつながりを強化しやすくなります。

客先にいてもフォローは万全!

客先常駐という形で働くことになると、場合によっては1人でクライアントのオフィスにいるという時間が出てくるかもしれません。そのような状況になったとき、問題なく対応できるか不安という方もいるでしょう。1人で常駐していても問題なく働けるように、株式会社RJCではフォローのための体勢も整えています。

フォロー体制の1つが、全員に携帯電話の支給を行っているという点です。全員に支給することで、トラブルや困ったことがあったときに気軽に本社側と連絡が取れるようになっています。このとき帰社日などで打ち解けた相手がいれば、小さな悩みでも気軽に相談しやすい環境を作れます。

また常に客先に1人でいるわけではなく、定期的に状況確認も行われています。現場訪問があったときや帰社日の機会などに小さなことでも相談しておくことで、仕事の問題を解決しスムーズに業務を進めることにもつながります。より良い形で働けるために、何かあったら気軽に相談することが大切です。

スキルアップのフォローもしている!

関わるプロジェクトが変わると、使われているシステムなどにも違いがあります。そのため多くのプロジェクトに関わっていくうちに、自分のスキル不足などを感じることもあるでしょう。もしも技術面で困ったことがあったときには、支給されている携帯電話で質問をすることも可能です。電話での対応だけでは不十分だと感じるなら、追加で研修を受けるのも1つの手です。研修は最短でその日のうちに受けることもできます。

さらに知識を補うために資格を取得したいなら、会社から報奨金がもらえるものを選ぶのも選択肢の1つです。実は取得する取得の種類によっては、報奨金がもらえる制度が整っているのです。また会社が所有している図書の貸し出しを利用して、資格の勉強をすることも可能です。実際にどのような資格の勉強などをしたらいいか迷ったら、帰社日などの機会を利用して先輩に質問してみましょう。業務経験が自分より豊富な先輩に質問することで、役立つ情報が得られるかもしれません。

まとめ

株式会社RJCでは客先常駐という働き方でも社員同士が横のつながりを作れるように、月に一度の帰社日を設けています。帰社日では交流するだけではなく、スキルアップの場とすることも可能です。また客先で仕事中に困ったことがあったときは、支給されている携帯電話で本社と連絡を取れます。新しいシステムに出会ってスキル不足を感じたというケースでは、その日のうちに追加で研修を受けることもできます。