組織に所属して働くのだからこそ、自分のことよりも会社のことを優先するのは当たり前だと思っていませんか?ですが株式会社RJCでは、社員の希望を聞いたうえで叶える環境が整っています。そもそも会社という組織は、働いている人材がいて成り立つものです。会社にとって欠かせない人材だからこそ、より良い環境で働けるようにしているのです。さまざまな視点から働きやすい環境つくりをサポートしているというのも特徴の1つです。

働きやすい環境のフォロー

株式会社RJCにおける特徴の1つが、客先常駐という働き方になっているという点です。この働き方の場合だと、本社で働くのではなくクライアントである客先のオフィスにお邪魔して働くことになります。さまざまなオフィスに行って働ける楽しみがある一方で、不安を感じることもあるでしょう。

何らかの不安を感じたときに相談しやすいように、全員に携帯電話を支給していつでも連絡が取れるようになっています。勤務状況などで何らかの要望があれば、気軽に相談できるというのもポイントの1つです。仕事先でのトラブルだけではなく、人間関係などで問題が発生してしまうこともあるかもしれません。問題があったときには希望を出すことで、関わるプロジェクトを変えてもらえる可能性もあります。

また残業の有無や通勤時間など、関わるプロジェクトに関する要望があるという方もいるでしょう。そのような方も要望を出すことで、どのようなプロジェクトに関わっていくか調整してもらえます。

学びたいという意欲をサポート

客先常駐という働き方の場合には、常に新しいシステムに出会う可能性があります。常に新たな学びがあるという一方で、知らない技術に出会うこともあるかもしれません。そのようなときには、支給されている携帯電話で先輩などに質問することも可能です。困ったときでも電話ですぐに対応してもらうことで、問題なく業務を進めることにつながります。

電話で質問したとしても、会話だけでは十分に理解できないということもあるでしょう。もしも電話で理解できずに困ったときには、研修のリクエストをするのも1つの手です。研修のリクエストを出すことで、自分がわからない分野の内容について追加で講義を受けることが可能です。

実際に研修のリクエストを出したときのポイントの1つが、最短でその日のうちに講義が受けられるという点です。明日の仕事で必要なスキルをその日のうちに学べるため、急ぎの仕事のときでも安心して対応できます。さらに書籍の貸し出し制度もあるので、自主的に学習していきやすくなります。

健康面のサポートもバッチリ!

働くだけではなく、健康面の管理もしっかり行いたいという社員の希望を叶えているのも株式会社RJCにおける特徴の1つです。例えば毎年の健康診断の費用が無料になっているので、体のケアに気を使いやすくなります。また特定の年齢以上であれば、年に1回の人間ドックも無料で受けられます。

ほかにも必要に応じて、産業医との面談の推奨を行っています。産業医と面談をすることで、判断を誤ることなく専門医の意見を取り入れて適切に判断できるようになります。メンタルヘルスなどの相談窓口も設置されているので、気になる点があれば気軽に相談できるのもポイントの1つです。

体の調子が悪いと、仕事面で充分なパフォーマンスを発揮することができません。社員が自分の実力を問題なく発揮できるように、健康面に関するサポートも整っているのです。もしもインフルエンザなどにかかってしまったときでも、給料のことは気にせず安心して休める制度もあります。

イベントの要望を出すことも可能!

株式会社RJCでは客先常駐で働くので、同じ会社に所属している仲間と会う機会がないというイメージを持っている方もいるでしょう。毎日のように顔を合わすことはありませんが、月に1回の帰社日が用意されています。この帰社日では、同じグループの社員が本社に集まる貴重な機会です。この機会を利用して横のつながりを強化して、情報交換などを行うことが可能です。積極的に情報交換などが行えるように、帰社日の後の飲み会の費用のサポートも行われています。

帰社日だけではなく、全体集会やイベントも催されています。イベントにおける特徴の1つが、会社側ではなく働く側が作っていけるものだという点です。例えばバーベキューなどの集まりだと、インドア派の方は満足できないということもあるでしょう。そこでビンゴ大会など、室内でできるものの要望を出すのも1つの手です。自分で要望を出していくことで、より楽しめる内容のものになるかもしれません。

まとめ

株式会社RJCでは働く人材を大切にすることで、会社全体が成長していけるように環境つくりを行っています。基本的に客先常駐という働き方になりますが、全員に携帯電話を支給して関わるプロジェクトの希望を出せるようにするなど相談しやすい環境を整ってます。さらに学びたい方のサポートや、健康管理なども行いやすいように工夫されています。年に数回開催されるイベントでは、内容などのリクエストを出すことも可能です。